ソープ嬢のタイプ別コミュニケーション術

ソープ遊びが成功するか否かは、接客をするソープ嬢といかにうまくコミュニケーションを取れるかどうかにかかってきます。
ソープ客の中には、コンパニオンの「接客の良し悪し」を評価する人もいますが、これは一方的な思考だといわざるをえません。
人と人とのコミュニケーションは、どちらか一方の質に頼るものではないからです。
良いコミュニケーションをとり、その日1日を楽しく過ごすためには「相性」と「テクニック」が必要です。
ここではソープ嬢のタイプ別の」コミュニケーション術を紹介してみました。

●熟女店

最もコミュニケーションが楽にとれ、お客のタイプに対しての許容量が高いのが「熟女店」です。
熟女店のソープ嬢の多くは、ソープランドや水商売の経験が豊富で、少々マナーのわかっていないお客に対しても抜群の対応力をみせます。
反対にお客側から考えた場合、「自分はコミュニケーションが苦手だ」「何を話していいかわからない」といった自信のない人は熟女店を選ぶことをおすすめします。
熟女店にも20代後半くらいのコンパニオンは多いので、コアな熟女好きでなくても性的な満足はできるでしょう。

●高級店

高級店のソープ嬢は年齢層も若めですが、高級店ならではの接客指導がされているために、コミュニケーションを取るのも上手です。
熟女店同様にお客自身がコミュニケーション下手を自覚しているなら高級店がおすすめです。
実際に高級店ではお客とコンパニオンとのトラブルは少なく、これも良好なコミュニケーションが行われていることの証なのです。

●格安店

料金が60分で1万円台から2万円台前半のような「格安店」は、お客のコミュニケーション能力によって大きく結果が違ってくるジャンルです。
中には接客指導もされていないようなソープ嬢もいますから、その子の本来の性格によってコミュニケーションの質も違ってきます。
格安店で遊ぶ場合、まずはお客が高望みをしないことが大切です。
本格的な接客指導もされていないのですから、「できなく当然」くらいに考えておきましょう。
そしてまず”おみやげ”を用意することです。
おみやげとは物品のプレゼントではありません。
入室した瞬間にソープ嬢を褒め、そして次回の本指名をにおわせるのです。
この基本ができていると、ソープ嬢の態度はやわらかくなり、コミュニケーションもとりやすくなるはずです。

●コンセプト・イメクラ店

オフィス系・学園系・イメクラ系・痴女系・SM系など、コンセプトが明確にあるソープ店でのコミュニケーションは一種独特です。
ソープ嬢は店のコンセプトに沿った演技をすることを義務付けられているので、一般的な雑談をすることは難しいのです。
こういったタイプの店舗のソープ嬢はすることも覚えることも多いため、その雰囲気に水を差すような間の抜けた会話をふってしまうのは厳禁です。
店のコンセプト通りの演技に合わせて上げることが大切なのです。

●まとめ

最近では全体的にソープ嬢の接客スキルが高くなっているとはいいますが、お客側のコミュニケーション能力はやはり必要です。
勘ぐるような厳しい目でソープ嬢の接客を評価していると、いつまでたってもソープランドを楽しむことはできないのです。