新規顧客をゲットしたいなら写メ日記を工夫しよう

ソープランドのホームページを見ていると、どこのお店でも必ずあるのがソープ嬢による写メ日記。
在籍嬢紹介とは違う生の情報を知ることが出来るということで、実は新規の顧客を得るために一番大事と言われているもので、お店側から強制で書かされているということも少なくありません。
しかし、ただ書けば良いというものではなく、書き方によっては客を増やすことも減らすことにもなるもので、ちょっとしたテクニックが必要なのです。

◆写メ日記では写真が何よりも大事

新規顧客獲得に繋がる写メ日記の書き方で、何よりも大事なのは掲載する写真です。
ごく希に「自撮りが面倒臭い」なんていう理由で一言二言のみの文章で投稿しているソープ嬢もいますが、そうした方はまず稼げません。
写メ日記では、どのような写真を載せるかでその効果は大きく変わってくるのです。

では、写メ日記にどういう写真を載せれば良いのかですが、これは「キワドイ自撮り写真」です。
写メ日記だから写真なら何でも良いのではなく、写メ日記を読む男性のニーズはあくまで女性自身の写真であることを覚えておきましょう。
また、ただ自撮りをすれば良いというものでもなく、胸の谷間や体のラインを強調したポーズなどの男性の興味を煽るような写真を載せるのが基本です。

気を付けたいのは、同じような写真の連投にならないこと。
敢えてこういったニーズから外した写真を間に挟むことも、一つのテクニックと言えます。

◆文章は当たり障りの無い内容でいい

次に、写メ日記に投稿する記事の内容ですが、基本的には当たり障りの無い内容であれば問題ありません。
出勤・退勤の報告や来てくれたお客様へのお礼などの事務的な物以外にも、ハマっている趣味や食べ物などがあればそれに軽く触れるような感じでもいいでしょう。
どぎつくなければシモネタも有りかもしれません。

写メ日記は、利用する男性がソープ嬢のリアルタイムの情報を知る数少ない情報源です。
特に新規のお客様は、その写メ日記を見て会話の内容を決めたりしますので、事務的な事だけ書いていたり適当に書いていると、どんな女性なのかを掴むことが出来ず、敬遠されてしまうこともあります。
せっかくの集客チャンスをふいにしないように、内容はある程度幅広く取り上げるようにすると良いでしょう。

また、絶対に避けたい話題なのが、「他人を誹謗中傷するような内容」や「政治ネタ」などです。
絶対条件として、記事を読んだ人を不愉快にさせる内容や敏感な話題は避けるべきです。

稼げるソープ嬢は写メ日記もしっかり研究していて、読んでいるだけなのに無性に遊びに行きたくなる内容だったりします。
ちょっとしたテクニックを抑えておけば誰でもすぐに出来ることですので、新規顧客をゲットしたいソープ嬢の方はぜひ抑えておきましょう。