「どこまでできるのか?」ソープランドで可能なプレイの"限界"を検証してみた

男性の性的欲望は、じつにさまざまなバリエーションがあり、中にはかなり偏った趣味をもつ方もいます。
しかも”性”に関する好みは、少し違っただけでも満足することができないほどデリケートで、一般平均が通用しないものでもあるのです。

「ソープランド」は、そんな男性の性の欲求を晴らしてくれる「娯楽の王様」です。
しかし、そんなソープランドにも、もちろんそれなりの規定やモラル・慣習もあるので知っておきたいところです。
ここではソープランドで可能なプレイやリクエストに、どこまで応えてくれるのか”限界”を検証してみました。

●本番行為

これまでソープランド以外の風俗で遊んできた人ならば、すべての店舗で「本番行為禁止」になっていたはずです。
これに対してソープランドは「本番行為」は初期設定でOKとなる、唯一の風俗です。

そして、多くのソープランドがコンドームをつけての本番になりますが、高級店やコンパニオンの個人的判断によって「生入れ」「生中出し」がOKな場合もあります。
裏技など使わずに確実に「本番」がしたいのであれば、選択肢はソープランドのみということになります。

●アダルトグッズ

ここからは少し強めの性願望に対しての検証です。
世の中には一定数”責め好き”の男性がいるはずです。
「自分を気持ちよくしてもらいたい」ということ以上に「女をイカせたい」という願望ですね。

そしてその中には”アダルトグッズ”のバイブやローターを使いたい男性もいるはずです。
この願望に対してのソープランドの対応は、店舗やコンパニオンによって違ってきます。

毎日多くのお客を相手にするソープ嬢たちは、基本的には責められるのを嫌います。
しかし中には本指名を増やしたいために、それをOKする子も少なくありません。

また、店舗の営業コンセプトによって「オプション」が規定されている場合もあり、定額のオプション料を支払うことでアダルトグッズの使用ができる店舗もたくさんあります。
各店のホームページを参照してみましょう。

●オナニー鑑賞

「視姦」好きの男性も多いですね。
ネトラレやスワッピングなども視姦の要素が強いものだと言えます。

これをソープランドでする場合、自分の自慰行為をコンパニオンに見てもらうか、あるいはコンパニオンにオナニーしてもらうかになります。
これはかなり特殊な趣味なのですが、対応してくれるソープ嬢は多いはずです。
ただし、初対面では難しいかもしれません。
何度か本指名をし、ある程度信頼関係を築けば、たいていのソープ嬢は対応してくれるはずです。

●SM系

SMはかなりメジャーな性行為ですが、極端にマニアックなためにソープランドでするのはほとんど不可能です。
”アダルトグッズ”と同様に、ソープ嬢は体が商売道具なので傷つけられることを警戒します。
ただし、最近ではソープランドのコンセプトも多様化しており、「拘束・緊縛」「ソフトSM」などのジャンルも探せば見つかるはずです。

●聖水

これもSMの範疇に入るのでしょうか?
「女性の尿を飲みたい」という願望を持つ男性もいるようです。
これに関しては、前項のSMソープで対応しているところもありますし、ソープ嬢の体に負担もないために、本指名をし続けたお気に入り嬢ならば対応してくれるはずです。

最近のソープランドはたくさんのコンセプトがあり、年々その数が増えています。
これまでソープランドでは対応しきれなかった極端な性癖も、徐々にソープランドで発散できる時代になってきているので、気になる方はお店に問い合わせてみてはいかがでしょうか。