もしプレイ中にソープ嬢が寝てしまったら?

ソープ嬢というのはとても大変な仕事で、肉体的にも精神的にもハードな仕事です。
そのため、鬼出勤と呼ばれるハードな連勤をこなしている嬢ですと疲れが溜まりすぎてしまい、プレイ中に寝入ってしまう方もいたりします。
さて、もし自分についた嬢がプレイ中に寝てしまったとしたら、どのように対処するべきなのでしょうか。

◆ 慌てず冷静に対応することが重要

プレイ中にソープ嬢が寝てしまうと、意外とびっくりしてどうしていいのかわからなかったりしますが、重要なのは冷静に対処すること。
まず、寝ている嬢をどうするかですが、プレイを続行したいのであれば肩でも叩いて起こしてしまえばいいですが、寝起きでちゃんとしたプレイが出来るかどうかというと疑問です。
それでもいいというのであれば、起こしてそのままプレイを続行しましょう。

返金などを求めるのであれば、次のような対処をするのが良いでしょう。
まず、ソープランドのような店舗型風俗には個室内に外のスタッフへ通じるインターホンや内線電話がありますから、それを使って外のスタッフへ「嬢が寝ちゃったのですが……」と連絡を入れましょう。
この時、寝ている嬢は起こさず店員が確認するまで寝かせたままにしておくことです。
起こしてしまうと「寝ていなかった」と言い張られればそれで終わりで、寝てたことを証明できなくなってしまいます。
寝かせたままにしておいて、スタッフに起こさせるようにしましょう。
デリヘルなどと違って店舗型ですからスタッフはすぐにやってきますから、待ってる間に起きるということもないでしょう。

◆ その後は責任者との交渉次第

寝入ってしまった嬢がスタッフに起こされたら、その後はまともな店なら責任者が謝罪してくることでしょう。
当然プレイは中止となり、その後の補償の話になるのですが、ここから先は自分の交渉力によって変わってきます。
理想なのは、返金や別の嬢でプレイのやり直しといったその日のうちに補償を受け取れる形に持っていくことです。
次回の割引などを提示されることもありますが、何度も遊んで常連になっているようなお店でもなければ、即日の補償を受け取れるように強気に交渉するのがおすすめです。

◆ 対処の仕方でお店が計れる

この際の対処の仕方によっては、お店ごと切ってしまうのも良いかもしれません。
そもそも嬢の体調管理が出来ていないお店であるだけでも問題ですし、それに加えてまともに対応してくれないのであれば、利用する価値はありません。
別のトラブルが発生した場合もまともな対応は期待できませんから、新しいお店を探すのが良いでしょう。

「寝ている嬢を起こさないで寝かせてあげるのが優しさ」などと勘違いしている男性も多いですが、それは贔屓にして何度も遊んでいるような気心のしれた嬢であればの話。
初対面の客で寝てしまうような嬢はただの地雷嬢ですので、そういった嬢を甘やかすのは決して賢い行動ではありません。
あまりこういった事は無いかもしれませんが、ぜひ対応の方法として頭の片隅に入れておきましょう。